MENU

告白のあと成功率が高まる3つのポイントとメールの送り方

好き人に告白するって、いざとなると本当に緊張するものです。
どうやって気持ちを伝えればいいのか、悩み過ぎてしまいますね。
でも、成功率が高まるポイントやフォローの方法を、ちゃんと選べば不安な気持ちがラクになりますよ。
ここでは、その方法を2つ紹介します。

 

1.友達同士で集まったとき

 

彼も含めて、まずは友達同士で遊ぶや食事に行くイベントをつくりましょう。
それなら、いきなり2人でと誘うよりも言いやすいですし、ワイワイとにぎやかで雰囲気も和むと思います。

 

そのときに、2人になれるときを選ぶのが良いタイミングですね。
なにげなく彼の近くにいて、いろいろと話題をふって、楽しい雰囲気をキープしましょう。

 

リラックスして笑っているときは、お互いにコミュニケーションをとりやすいです。
その感覚を告白までキープできれば、モチベーションアップにつながります。

 

2.遊びの最後が告白のタイミング

 

遊んでいる途中で、2人になれるときがなかったなら、別れぎわの場面もベストタイミングです。
彼にだけそっと「ちょっといいかな?」と声をかけて、告白をするのです。

 

できるだけ時間をかけずに、自分の気持ちだけを伝えることが最優先です。
もちろん、そのときに彼の返事があれば受け止めてください。

 

ただし、成功してもダメでも、理由を問い詰めたり、泣いたりしてはいけません。
「気持ちは同じだから、考えておいてね。」と、少し大人な態度をとれば、彼も急かされているとは感じないでしょう。

 

3.帰ってからのフォローのメールを送る

 

告白したあとは、あなたも彼も、まるで時間が止まったかのように呆然としていることでしょう。
好きって想いを伝えたのだから、お互いに驚きとドキドキでいっぱいですね。

 

あとは、成功率を高めるためにメールを送るだけです。
その時点で、告白の行方がどうなったていたとしても、ラストのフォローメールを忘れずに。

 

おそらく彼も気持ちが揺れて、まだ答えが見つからないでしょう。
覆わずノーと言ってしまったかもしれないし、気を使ってイエスと答えたかのかも。

 

いずれにしても「また、いつでもいいから返事まってるね」と、時間をあげることも大切ですよ。

 

おわりに

 

告白というと、2人だけで緊張しながら向き合っているのを想像しますね。
でも、人によって方法はいろいろあるのです。

 

遊んでいたラストの時間帯は、やっぱりベストですね。
ただ、結果を急かさずに、しばらく彼に考える時間をあげることが成功率を高めるポイントです。